CPAPの副作用

CPAPの副作用

今まで睡眠時無呼吸症候群に困っていて、CPAP治療を開始したら、色々と思われます事が出てくるかもしれない。
もしかするとCPAPの副作用の様なものを感じる事も有るかもしれませんので、その事につきましてご説明致してます。
まずはCPAPで鼻から空気圧を追っていたら、朝起きたらお腹に空気が溜まった感じがするという症状です。
便秘の様にお腹が張ったりガス(おなら)が出やすくなったりと不快感がひどいようだったら医師と相談しよう。
CPAPの風の圧力を弱めたりと指導をしてもらうはずなのです。
どうしても空気を強制的に送り入れるため鼻から口、喉を交えてお腹にまで行ってしまうのです。
次に多いのはマスクが合わなくて痛くなったり鼻回りが赤くなったりする事です。
マスクを強く当てすぎていますのであるそしたら緩めたり、もしかするとマスク自体が自身と合わないと言う事も有るので別の形のマスクに変えたりと対策を取ります。
このマスクが正しくないと空気が逃げてしまいましたとして良い効果を感じられません。
そうしてCPAP治療の初めてのうちはやっぱり空気圧で眠れないと言う作用も出てきます。
この時は眠りにくいと感じますが、ある意味慣れるのを待つしかないです。
ですがどうしても受け付けない場合は医師に相談をしましょう。
基礎的にCPAPでの睡眠時無呼吸症候群の治療は薬などを使用しなくなったので重篤な副作用は見られません。
安心出来る治療法だと言えるのではないか?すべての方におススメのできる治療方法だから、そうしたに副作用の心配は要らないでしょう。