睡眠時無呼吸症候群とアルコール

睡眠時無呼吸症候群とアルコール

普段はいびきをかいたりしない、睡眠時無呼吸症候群の様な兆候は見られないのに飲酒した時はよくいびきをかくし熟睡できません。
こういった方は多くいらっしゃいますが、飲酒、アルコールと睡眠の関係は有るのでしょうか?答えは大いに関係があげられます。
その理由としてアルコールを摂り入れると喉や気道の筋肉が緩んでしまいましたとしてましたんだとして空気の通る穴を狭く小さく塞いでしまい大きないびきをかいてしまい呼吸も停止状態に陥ります。
よく大きないびきをかいて寝ている酔っぱらいを見かけていますが、大きないびきをかいてしまうと言う原因はここに有ったのです。
たまに飲酒するという程度ならば睡眠時無呼吸症候群の症状が現れるのもたまにということであるがこれが毎日となると問題です。
飲酒が原因と言う無呼吸そしたらアルコールは控えましょう。
元々肥満気味で無呼吸だと言う方は本格的にアルコール量の調整が必要です。
それはアルコールが入る事で無呼吸状態がより悪化してしまうでしょうでしょう為です。
元々傾向がある上にアルコールで更に無呼吸状態がひどくなってしまうとその他の弊害症状も更に悪化してしまい病気を引き起こします。
寝る直前のアルコールも厳禁です。
アルコール過多は睡眠時無呼吸症候群以外の万病の元です。
自覚の有る方や石片指摘を受けた方はCPAPなどと並行して飲酒量を控えていく事を心がけましょう。
せっかくCPAP治療をしていてもアルコール量が多過ぎては何にもなることはない。
CPAPには何かプラスする事(ダイエット、生活習慣改善、アルコール調節)が大事ですので医師とよく相談をして指導を仰ぎましょう。